• がん検査・がんの早期発見

    itteki

    0円で血を一滴採取し、がんで働けなくなる人・離職する人を少しでも減らす法人向けサービス

  • 私たちについて

    0円で血を一滴採取し、がんの可能性があるかどうかをチェックします

    broken image

    簡単検査・安全第一

    指先から専用キットで血を一滴採取するだけ

    大手医療機器メーカーが製造する検査キットですので、安心してご利用いただけます。

    また個人差はありますが、痛みも輪ゴムで弾く程度ですので、注射針を刺して血を抜くのが苦手な人にもおすすめです。

    検査は、血液中のp53抗体やPSA、女性であればCA15-3の数値を測定いたします。それにより、がんの可能性を探ります。

    broken image

    格安の検査料金

    一人でも多くの方に検査を受けていただきたい

    現代の日本は2人に1人ががんになる時代です。つまり、あなたもしくは、あなたの隣にいる方ががんになります。

    弊社ではがんのリスクを最小限に抑える人を一人でも多く増やしたいと考え、検査料金をキャンペーン価格にて実施しております。

    broken image

    アフターフォロー

    発見して終わり。ではありません。

    がんの可能性が露見された場合には、レポートだけではなくご希望に応じてあらゆるご相談に対応させていただきます。

    また、異常なしだった方も、半年に一度(できれば月一でも隔月でも)は検査を受けた方が効果的であるため、そのご案内もさせていただきます。

  • こんな方におすすめ

    がんを早く見つけて、リスクを最小限に押さえましょう。

    健康的な経営を目指す法人様

    働き方改革の影響もあり、社員が健康で生産性の高い仕事をすることが、業績アップのために最も重要な要素です。

    優良な社員の長期離脱と人員補充を防ぐためにも、早期のがん発見が重要です。

    費用も0円から検査可能ですので、気軽に職場へ導入いただけます。

  • プラン内容

    5つのプランを用意しております。

     

    【検査陽性者の定義】

    検査キットを使用した結果、「陽性」と判断された方を検査陽性者と定義します。

    陽性判断後の、医療機関での正式な診断結果は本サービスに関係いたしません。

    broken image

    検査料0円プラン

    検査陽性者発見時

    650,000円/人を頂戴します

    broken image

    検査料3,000円プラン

    検査陽性者発見時

    350,000円/人を頂戴します

    broken image

    検査料7,000円プラン

    検査陽性者発見時

    250,000円/人を頂戴します

    broken image

    検査料10,000円プラン

    検査陽性者発見時

    150,000円/人を頂戴します

    broken image

    検査料13,000円プラン

    検査陽性者発見時

    費用は発生いたしません

    ※検査料のみのお支払いとなります

    broken image

    検査料20,000円プラン

    検査陽性者発見時

    150,000円/人をお支払いたします

    御社もしくは陽性者へのお支払い

  • 検査キット

    富士フィルム株式会社が製造しているので安心です

    broken image

    通常の血液検査の150分の1の採血量で検査が可能です

  • 検査までの流れ

    簡単3ステップ

    1

    お申込

    フォームよりお申込をお願いいたします。弊社担当よりご連絡差し上げます。

    また、検査キット送付までにお振込をお願いいたします。

    2

    送付・検査

    ご入金確認後、指定の住所にキットを送付します。

    検査を行っていただき、マニュアル通りにご返送いただくだけでOKです。

    3

    結果通知

    5営業日程度で結果が出ますのでご確認ください。

    陽性者が発見された段階で弊社より請求書を送付させていただきます。

  • お申し込み

    お問い合わせもこちらよりお願いいたします。

  • 本検査について

    本検査の注意点を下記にまとめております

    p53抗体とは

    がん抑制遺伝子が変異した際に体内で増加する抗体です。大腸がん・食道がん・子宮がん・乳がんなどで、数値が基準値を超えることがあります。比較的早期のがんでも基準値を超えた数値が出ます。

    CA15-3とは

    乳がんの再発やがん治療の判断をする際に利用することが多いです。肺がん、卵巣がん、胃がん、すい臓がんなどでも上昇することがあります。

    PSAとは

    前立腺がんの際に数値が上昇することがあります。ただし、がんだけでなく前立腺炎や前立腺肥大症でも上昇することがあるので理解しておく必要があります。

    腫瘍マーカーについて

    腫瘍マーカーはがん細胞によって血液中に増加する物質ですが、健康な方にも少量は存在しております。また、がん以外の病気でも上昇することがあります。

    注意事項

    腫瘍マーカー検査によるがんの早期発見の有用性は確定していません。また、基準値を超えていてもがんの存在が100%ではありません。

    本検査結果を参考に、医師の診断にてがんの診断を受けてください。

  • broken image

    株式会社レイクビー

    滋賀県米原市下多良2-137 文化産業会館4階

    info@lbe-inc.com